20年以上のデータ復元実績を持つyedata社|IT技術の活用

データを預けるサービス

クラウド

業務で使用する大事なデータは社内のバックアップ環境だけでなく、外部の業者にもバックアップを依頼することで、安全となるのです。バックアップを請け負う企業はデータセンターが1例として挙げられます。

もっと見る

モノの売り買いに対応

男性

商品やサービスなどを提供する企業では月末が近づくに連れて、棚卸や決算さんなどの手続きをする機会が増えてきます。このような業務に時間を取られてしまっている人はクラウド販売管理ソフトを活用するのが効果的なのです。

もっと見る

すぐに使えるメール機能

メールとスーツの人

SNSやチャットサービスという気軽な連絡ツールは数多く登場していますが、ビジネスの場ではメールという連絡ツールが現在でも多く使われています。メールのセットアップに時間がかかる企業はウェブメールも視野にいれておくと良いでしょう。

もっと見る

海外との技術導入契約

ウーマン

インターネットという通信インフラが全国各地で整備されたことによって、多くの企業でパソコンという電子機器が有効活用されるようになりました。パソコンを業務に上手く取り入れればこれまで紙媒体で管理していたデータをデジタルデータで管理することができるのです。その他にもミーティングで使用する資料作成や、顧客に提出する請求書作成、従業員の管理など様々な使い方が可能となっています。便利な電子機器ですが、仕事で長期間使用していると不要なデータやレジストリが蓄積していき、パソコンが不具合を引き起こすことがあります。社内にインフラ担当者や情報システム担当がいればすぐに解決できることも多いですが、不在の場合は外部の修理業者を活用するのが最適です。
修理ができない場合でもデータ復旧ができる可能性はあるので、早い段階で相談するのが良いでしょう。数ある修理業者の中でも多数の修理実績を持っているのが株式会社ye・dataなのです。ye・data社は米国のデータ復旧業者ですが、現在は日本の会社と技術導入契約を結んでいます。アメリカで20年以上積み重ねてきたデータ復旧のスキルを有しているともいえるでしょう。このような業者に会社から依頼をする場合はまず、お問い合わせからスタートしていきます。その後に修理内容を把握するために調査を行ない、数日で調査結果が返信されてくるのです。修理の見積もり費用に問題が無ければ、すぐに修理依頼をすることができます。