20年以上のデータ復元実績を持つyedata社|IT技術の活用

データを預けるサービス

クラウド

インターネットを介しての高速通信が行なえるようになり、ネット上では仕事で使うデータなどを保管するクラウドという技術が普及するようになりました。クラウドを提供している業者の多くはデータセンターと呼称されています。業務データのバックアップだけでなく、オペレーションシステムのメンテナンスも対応してくれるのがデータセンターの大きなメリットだといえるのです。ですが、クラウド市場に参入するために設立されたデータセンターも多いので、良質な企業を選ぶ知識を身に付けることが大切です。着目すべき1点目のポイントは回線の容量と速度となっています。大手通販サイトやプロバイダーも利用しているデータセンターを選べば、ハズレを引く可能性も低いといえるのです。
また、落雷や台風などの予期せぬ自然災害に対応できるように非常用予備電源の有無を確認しておくことも重要となってくるのです。そうすればいざという時に会社の大事なデータが残ることが多いのです。3つ目のポイントはインターネット接続のバックアップとなります。LANケーブルが1本しか接続されていない場合、そのケーブルが切断されてしまった場合は通信ができない状態に陥ってしまいます。2、3本LANケーブルが接続されていれば、1本が駄目でも別のケーブルですぐにためすことができます。心配な企業担当者はデータセンターに足を運んで配線設備の環境やサーバーパソコンの冷却環境などをチェックしておくのが最適なのです。