20年以上のデータ復元実績を持つyedata社|IT技術の活用

すぐに使えるメール機能

メールとスーツの人

webブラウザで動作するチャットシステムや専用のソフトをインストールして大人数の相手とやり取りを行なうソーシャルネットワーキングサービスなどが段々と普及してきました。企業内部でもこのようなツールを業務や社員同士のコミュニケーションに活用する場面が多々あります。上記のようなツールは確かに便利ですが、企業同士の重要なやり取りをすることにはあまり適していません。何故ならログが流れるのが早く、重要な情報が相手に伝わらない可能性があるからです。そのような理由から見積書や決算書といったお金に関するやり取りはメールが有効的だといえるでしょう。メールという連絡ツールは社外の相手だけでなく、社内の同僚にメールを送信する際にも効果的です。
便利なツールですが、使用開始するためにはメーラーソフトのインストールと受信サーバーの設定、送信サーバーの設定を行なう手間があるのです。数台のセットアップであれば、社内のメンバーで実施するのが良いですが、人数が100名を超える中小企業には適していないといえます。メール使用環境を整えてデスク配置後にすぐ業務を再開したいと考える人はウェブメールを使用するのが効果的です。また、ウェブメールはブラウザ上で動作する仕組みなのでIDとパスワードさえ発行してもらえればオフィスのパソコンだけでなく、会社用のタブレットやスマートフォンからアクセスすることもできるのです。ウェブメールは細かい設定も必要ないので非常に使いやすいサービスだといえます。メール関連のコストや人員で迷っている企業はウェブメールの利用を検討してみましょう。